00/00 SUN

今日のシネマ名言

希望は良いものだよ。 多分最高のものだ。 良いものは決して滅びない。

作品情報

ショーシャンクの空に

  • TOP
  • レビュー一覧

作品ページ DVD 作品ページ
トータル・リコール

レビュー一覧 - トータル・リコール

平均点数3.2点平均点数3.2点

レビューを投稿する

1~17件/全17件

火星へ行って欲しかった
  • ★★★★★
  • 投稿者:もりちっち 2013年09月29日

基本的なのは押さえてる見たいですね。全く別映画ですね。時代の変化を感じるよ、
リメイク大成功です
  • ★★★★★
  • 投稿者:i_hecky 2013年02月07日

オリジナルのシュワルツェネッガーの『トータル・リコール』の馬鹿さ加減に深く失望していたので、今回の、最新技術を駆使し、ストーリーの荒唐無稽さにリアリティを持たせて改善した結果に、満足です。共演の女優2人のキャスティングが、特にいい効果を加えてました。
[ネタバレ]現代のSFの原点のリメイク
  • ★★★★★
  • 投稿者:星織音 2012年08月10日

この作品は、短編小説『追憶売ります』の、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の『トータル・リコール』のリメイクです。 『トータル・リコール』は、現代のSF作品全ての原点だと思います。 最終戦争の後、人の住める場所は、裕福な者が住む『ブリテン連邦』と貧しい者が住む『コロニー』だけになります。 主人公のクエインは、ロボットを造る工場労働者ですが、単調な生活が嫌になり、仮想体験を現実の事のように記憶させる事ができる『リコール社』に、記憶を買いに訪れます。 そこへ、ブリテン連邦の警察隊が、突然、突入し物語が展開します。 一番、圧巻なのは、記憶を操作されていても、現在の心で、何が真で、何が嘘かを見極め、どちらかを撃たなければならないシーンでした。 人間の心とは、主観的なものであり、記憶もまた、主観的なものであります。 最後は、心を信じるか、記憶を信じるかの判断となります。
[ネタバレ]良いかも
  • ★★★★☆
  • 投稿者:うっちぃ 2013年08月13日

オリジナルを彷彿させる場面や展開もサービスだろうけど、それを含めつつリメイクの面白さを出している。どうしてかアンダーワールドやマイノリティレポートとかぶって見てしまう。ともかく悪女がかっこいい!宇宙に行かなくとも十分な見応え。
デザイン
  • ★★★★☆
  • 投稿者:よっしー 2013年04月04日

展示会のように美術とCGのデザインに惚れ込みました。CGに負けない格闘シーンが豊富で、特に殺意に満ちたケイト・ベッキンセールはターミネーターさながらです。
面白い
  • ★★★★☆
  • 投稿者:ミニ評論家 2013年03月14日

久しぶりに面白い映画をみました。アクションもよく、緊迫感が終始あり、女性二人が特に良かったです。シュワちゃんのトータルリコールとは、まったくもっての別モノですので、ご用心を。
抑圧された世界の運命を変える記憶
  • ★★★★☆
  • 投稿者:さえこ 2013年03月02日

本作の映像はとにかく凄いの一言です。 機械的で荒廃したような近未来の背景や、メカの数々、そんな中で違和感なく動く人間たちの姿もとてもリアルでした。 自分の中で眠っていた記憶が呼び起こされたのか、リコール社の記憶の書き換えによるものなのか、疑問に思わされながら展開するストーリーにも引き込まれましたし、そんなことを深く予想する暇もないぐらいに、アクションシーンにはもっと圧倒されました。 これでもかという程、アクションが多かったように思うのですが、キレの良いスピーディーさがあったので飽きることなく観ることができました。 どれが本当の記憶なのか、自分さえも信じられない状態から、ラストにむけては、抑圧された世界の運命を変える壮大なストーリーへとなっていったように思います。 主演のコリン・ファレルの、スタイリッシュさが近未来のアクションとマッチしていて、格好良かったです。 そして、個人的に好きなケイト・ベッキンセールが、まさか悪役とは思っていなかったのですが、なんであってもやはり美しさには変わりないですね。 強くて悪女ちっくな彼女も素敵です。
自分探し
  • ★★★★☆
  • 投稿者:よしこ 2012年08月10日

映像技術の発展は、こういう作品のためにあるべき!と感動しながら観た。 自分とは何者か。最近気になるテーマだったので、ヒントをもらえた気分。 ビル・ナイが真面目な役を演じてて、ビックリ!
[ネタバレ]すべてを呼び戻せ
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:アッキー 2014年07月13日

検査場通過のおばさんは、旧作のオマージュですかね。ストーリーはテンポよく進みますが、もう少しひねりがあればもっと良い仕上げになったかと思います。後半、ストーリーの整合性が甘くなってきます。超高速である乗り物フォールの外に簡単に出たり、鬼嫁(敵)に簡単に殺されてもよい場面があったり。結局、富裕層と労働者層の対立もよく描ききれていなかったり、レジスタンスの抵抗もいまいちだったり。そんな一本です。
火星行きません。
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:イナ太郎 2013年04月20日

前のトータルリコールとは別作品とみていい
[ネタバレ]眠くなった
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:sumuchan 2013年02月25日

眠さを堪えるのがシンドかった。 前作はシュワちゃんなりに面白かった。 今回は、何これって感じだ。 もっとハート入れて作ってもらいたかった。 たとえ近未来でも人間は人間だってこと忘れんでほしい。
微妙かな…
  • ★★☆☆☆
  • 投稿者:マツムネ 2013年02月10日

ヴァーホーベン版を知らない方なら普通にSF映画として楽しめると思いますが、ヴァーホーベン版を知っている私には少し微妙な作品でした。 さらに、ヴァーホーベン版のにあったラストが無かったのが一番残念でした。
30分後にすべて忘れた。
  • ★★☆☆☆
  • 投稿者:たま 2013年02月07日

薄い。30分後にはべて忘れてしまうくらいに薄い。ラスボスが全線に出過ぎで、いつ殺られたのかも思い出せない。 なるほど、記憶を消すとはそういうことだったのか。
[ネタバレ]足して2で割って、3分の1
  • ★★☆☆☆
  • 投稿者:flamin50 2013年01月14日

絵はきれいだけど、ブレードランナーの真似っこ。CGなので質感がない分マイナス。 ストーリーというか、キーになる場面をオリジナルからアレンジして、全部失敗してる。 <オリジナルで> ・帰宅したら暗闇で"何者か"に襲われ、捕まえてみたら妻だった、というシーン。 ・リコール社の職員が妻とともに「これは夢だ」と説得に来て、額の汗で嘘を見破るシーン。 ・最後に悪の親玉とともに自分がビデオに出てきて種明かしをするシーン。 同じ狙いのシーンを盛り込んでるけど、全てポイントがずれてるので、オリジナル見ていないと意味がわからん。 悪の親分さんが、結局何をたくらんでたのか、地球を抜ける輸送路が破壊されて、なぜ大団円になるのか。これもオリジナル(火星のリアクター)に比べて、なんとも希薄な結末でした。
やはりリメイクは...
  • ★★☆☆☆
  • 投稿者:ういじい 2012年08月14日

うまくまとまって観やすかったが、観終わるとイマイチ感が残る映画でした。 やはり大作のリメイクだとハードルが上がるのかな?けどトータル・リコールと言うブランドを取ったらもっと酷かった気がする...
アクションは迫力あり
  • ★☆☆☆☆
  • 投稿者:轟天将軍 2013年04月29日

フ゛ルーレイをレンタルしたのだが、何故か再生できなかったので(他はOK)dvdを再度レンタル。シュワ版は(図書館でレンタル)すでに記憶にないが、これも記憶に残らない。トムクルース゛さんのマイノリティーリポートみたいな感じの逃走劇!シ゛ェシカとヘ゛ッキンセールは美人だな〜それだけで大満足!
観るべきではない
  • ★☆☆☆☆
  • 投稿者:バイク 2013年02月05日

本家のトータルリコールは当時映画館で 鑑賞しました。 非常に面白かった、それは最近本家のDVDを観て確信しました。 新しいトータルリコールは見るに値しない そんな作品です。

1~17件/全17件