00/00 SUN

今日のシネマ名言

希望は良いものだよ。 多分最高のものだ。 良いものは決して滅びない。

作品情報

ショーシャンクの空に

  • TOP
  • レビュー一覧

作品ページ DVD 作品ページ
ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~

レビュー一覧 - ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~

平均点数4.1点平均点数4.1点

レビューを投稿する

1~12件/全12件

文学してる映画。
  • ★★★★★
  • 投稿者:★483821★ 2010年06月02日

太宰っぽい!台詞まわしが、時代を感じる、っていうより太宰文学を感じる。 昔の小説家って、今の芸能人みたいな扱いだったらしいし、もんのすごく繊細な人種ばっかりだったんだろうな。 冷静に見たら、相当、だめんず&だめんずウォーカーの話(笑) 松たか子も広末も、演技の仕方とか今まで好きじゃなかったけど、これは良かった。 なにより、浅野さんがハマリ役★そして、脇役陣も贅沢でした。 丁寧に丁寧に作りこんである感じの映画でした。
映画教育
  • ★★★★★
  • 投稿者:ライカ 2009年12月08日

映画にはいろいろな見方があると思います。 ストーリー、ファッション、人間関係など。 この映画は原作が太宰治の駄目夫、したたかな妻の物語。 こんな時代だったのか…。 着物、素敵だな…。 もしも自分の学生時代に、教科書を読むのではなくこの映画をみる授業があったら さぞかし、国語、社会の歴史が好きになっていただろうにと思うような作品だった。
何度も
  • ★★★★★
  • 投稿者:あらたつ 2009年11月26日

観直したい作品だ。浅野忠信が素晴らしい演技をしていた。それにも増して松たか子の献身的な妻役はとにかく可愛いの一言に尽きる。
ぴったりな二人
  • ★★★★☆
  • 投稿者:クワトロ・バジーナ 2012年02月22日

主演の浅野忠信と松たか子は役柄にぴったりだと思いました。 色っぽい広末涼子の演技も良かったです。 作品を通し文学的な台詞回しも良かったです。
昭和
  • ★★★★☆
  • 投稿者:みつ 2011年11月07日

当時の状態をうまく演出していると感じました。
流石にもの凄く重いテーマ・・・
  • ★★★★☆
  • 投稿者:イブイブ 2010年04月15日

正直、見終わった後、どっと疲労感が襲ってきました。割りと尺は短いのに・・・ 原作は読んでいませんが、この映画はある程度、それなりの経験をした人間でないとその深い内容というか、背景に流れているものを理解できないかも・・・ しかし、キャスティングが非常に見事で、メインのお二人はホント、日本アカデミー賞にノミネートされるのが分かります。 「太宰治」文学は嫌いではないけど、読んでいるうちに、自分はこのままで良いのだろうか?と錯覚に似た感覚になるのが怖いかも・・・
見こまれたのか、見こんでしまったのか。
  • ★★★★☆
  • 投稿者:マンタ 2009年12月06日

 文学は敷居が高そうで倦厭しようと思ったのだが、機会があったので鑑賞した。  冷静に見ると実にバカバカしい話。口八丁のダメ男に周りが振り回される。このダメ男、憎めない。応援したくないのだが、ほっておけない、心配な気分にさせられる。  夫婦の距離感を再認識する物語。
[ネタバレ]実際には無理だけど
  • ★★★★☆
  • 投稿者:かすみ草 2009年11月23日

浅野さんの演技がよかった〜。特に広末さんとのシーンが印象的でした。実際に心中なんてするつもりもないけど、そこまでできる二人の繋がり、関係性って素敵だと思いました。
[ネタバレ]ものすごい世界観
  • ★★★★☆
  • 投稿者:なみへい 2009年11月17日

ザ・太宰治と言える世界観。 自分には愛人がいるくせに、妻に男の影が見えるとヤキモチを妬く夫。 夫の尻拭いのために奔走する妻。 なんとも言えない世界観ででも最後のシーンはとても美しかった。
考える
  • ★★★★☆
  • 投稿者:ピンクのこぶた 2009年10月21日

歳を重ねて経験が多いほどいろんな見方ができ楽しめる映画だと思います。 言葉がとても胸に響き心に残りました。
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:イサカ 2010年04月26日

女優のための映画という感じがしましたね。原作ではもっと、女という生き物のつまらない部分が描かれていたかと記憶しています。男と関係をもたせる場面でも、なにがしかの理由を与えるのは松たか子への配慮からでしょうか?名高い女優さんですから、なんの理由もなく、なんでもない男の手に落ちるだらしのない女は演じさせられなかったのでしょうね、きっと。女性を美しく見せる数々の描写には目をつぶるとして、そこをあくまで夫の尻拭いのためとする、あの映画のオチには納得できませんね。あれでは女への不信感ではなく、ただのダメ男を描いた映画になってしまう。人間を美しく描き過ぎている映画だと思う。もっと汚く描かなければ、太宰治の作品という気がしませんね。
深い
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:ミケ 2009年10月19日

浅野さん、松さんとても難しい役どころを素晴らしく演じてます。 若い方には難しい内容だとは思います。 内容が深く考えさせられる映画です。

1~12件/全12件