100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! アラジン10月9日(水)RENTAL
00/00 SUN

今日のシネマ名言

希望は良いものだよ。 多分最高のものだ。 良いものは決して滅びない。

作品情報

ショーシャンクの空に

  • TOP
  • レビュー一覧

作品ページ DVD 作品ページ
エターナル・サンシャイン

レビュー一覧 - エターナル・サンシャイン

平均点数4.2点平均点数4.2点

レビューを投稿する

1~20件/全72件

あなたが消えない
  • ★★★★★
  • 投稿者:かおり 2012年03月13日

初めて見た時に眠ってしまい、また、見直した映画です。見直して良かったです。前は、映画好きな人が、この映画を勧める理由がまったく分からなかったのです。が、今ならよく分かります。ロマンチックでユーモアに富んでいて、だけど、哀しみがある、質の良い映画だと思いました。
いい映画だ
  • ★★★★★
  • 投稿者:ゴブリン 2010年09月06日

ストーリー展開が面白くてちょっと新鮮だった。あとシ゛ムキャリーはコメテ゛ィ色の強い俳優だと思ってたけど演技がとても上手ですんなりと映画の世界に入り込めた。脱帽です。
音楽たまらん。
  • ★★★★★
  • 投稿者:さき 2010年08月21日

何はともあれヘ゛ックの曲が3割増に映画を引き立ててることは間違いない。 挿入にしてもエンテ゛ィンク゛にしても息の根が止まる。 自分のシチュエーションががっちりハマってたからかもしれないけど、皆共感できるテーマなのに今までになかった映画。 お互いがお互いの記憶を忘れたいと願うほど好きになれるって最高の恋愛ですね。 何はともあれヘ゛ックにえぐられる殺人映画でした。
奇才・ミーツ・普遍!
  • ★★★★★
  • 投稿者:laundry4c 2009年08月16日

いつも豊かすぎる発想と妄想を映像にしつづけてきた奇才ミシェル・ゴンドリーが、愛と記憶という普遍を描いたら…奇跡が生まれた!サブカルチックなイメージも強いミシェルだけれど、この作品はたくさんの人に感動をあたえるはず。ジム・キャリーの実直な演技も、泣けるんだなこれが。
今も過去もかけがえのないもの
  • ★★★★★
  • 投稿者:ちぇ 2009年08月14日

人は2種類に分けられる。「えー、なんであんなやつと付き合ってたんだろ、ありえねー」と考えるタイプの人間と、「まあ、色々あったけどいまの自分がいるのはあいつのおかげかなー」と考えるタイプの人間。で、この映画はそのどちらのタイプの人にもある気づきを与えてくれる類まれなる素晴らしい映画です。まあそれは端的にいえば、多少臭いですが「人を愛することの素晴らしさ」や「愛する人と過ごしたかけがえのない日々の素晴らしさ」ということかと。  倦怠期のみなさーん、この映画を観てもう一度いま一緒に過ごしている人の素晴らしさを思い出しましょう。失恋したてのみなさーん、観るとストーカー予備軍になること間違いないので気をつけましょう。  きっともう一度恋したくなるある意味恐ろしいまでの影響力をもった映画です。  
[ネタバレ]最高にハマる映像マジック。
  • ★★★★★
  • 投稿者:ひろかん 2009年08月13日

もう、すごい!すごい! チャーリー・カウフマン天才!! ただ個人の記憶を消す、ってだけなら 世にも奇妙な物語でもある話だけど、 それをこんな複雑、かつ楽しい話にできるなんて。 イライジャがこの脚本の肝で、 始めはあれ?っていう登場で、 その後なんで?っていうキャラなの。 でも、最後の方でうぉー!!って来ちゃった。 考えてみると、記憶ってその人の中で ずっと残っているわけで、 特にシアワセな記憶は心の奥底で その人と共に生き続けるんだよね。 何かのきっかけで一転いやなものになったり、 自分の中で勝手に膨らんだり。。。 思惑と違って育ってしまうのならば その記憶をどーにかしたいと思うのも人の欲望だよね。 その記憶を消す作業がデジタル処理なので もうゴンドリー監督の遊び心がてんこ盛り。 楽しいったらありませんぞ!
死ぬまで記憶から消したくない作品
  • ★★★★★
  • 投稿者:ふーみん 2009年08月09日

ただ、素晴らしかった。 “今、死んでもいい”って思えるくらいに、一緒にいて幸せだった恋人。“生まれてからずっとこの時を待っていた”と感じるくらいの至福の時。 失恋して、再出発しても、忘れたくない、忘れられない思い出ってあるなぁって本当に思いました。 時間は過ぎても、記憶は残る、思い出の中で一緒にいられるなら、それは素敵なことです。。。 この映画を見たら、一人でゆっくり、思い出と遊んでみてください。
どう解釈した?
  • ★★★★★
  • 投稿者:みず 2009年08月07日

見終わった後、すばらしかったと言う感想と共に、嫉妬に近い感情を覚えた。 こんなに頭の良い脚本を思いつく人が世の中にいるなんて。 こんな風に感じたのは「恋におちたシェイクスピア」以来。 そう言えば以前、女性の友人とこの映画の話をしていた時に、解釈が全然違っていてびっくりした記憶がある。 「人生なんてちょっとした偶然の連続。」という解釈に対して、 「運命の人とはどんな状況でも結局結ばれるもの。」と解釈していた彼女。 この意見の違いは男女の違いなのだろうか。
このDVDをTSUTAYAで見かけるたびに
  • ★★★★★
  • 投稿者:チョコパ 2009年08月05日

自分だったらどうする?と思う。思い出すと辛いから記憶を消してしまう?って考える。消しちゃえば楽になる。最初からなかった事になるんだから。 わたしの答えは、消さない。消したくない。 たくさん迷っても悩んでも、最後はいつも同じ。 悲しい事もあったけどいい事もあったから。楽しかったから。やっぱり、あの人を好きになってよかった。だから消さない。 またTSUTAYAでこのDVDを見かけたら、また同じ事を考えてまた同じ答えを出すんだろうな。それがわたしの“エターナル・サンシャイン”なんだろうな。
すれている自分に気づいた映画・・・
  • ★★★★★
  • 投稿者:かく 2009年08月02日

この監督、脚本家はどういう脳の構造をしているのだろう。 奇抜かつエンターテイメント。 『失恋の記憶を消す装置』を使い脳内の記憶を消す。『消す』が追いかけてくることの映像化を見事完成させました。 見ていない人はわからないと思いますが、脳の記憶というものはこういうものではないでしょうか。 そして奇抜なアイデア映画で終わらない、上質な脚本でエンターテイメントとして完成しています。 ストーリーはイタイほどわかるこの気持ち。 恋は終わりに近づくほど、今まで許せていたものが、彼女彼氏に対して許せなくなる。そして別れが来る。。。 失恋や別れの経験がある人は、しんどい映画かもしれません。 そして最後は・・・。 最後のシーンは、また最高の愛を見つけたととっていいのでしょうか?またひねくれた私は、また同じことを繰り返すのでは?を思っていました。(完全に心がすれていると自己嫌悪です。・・・。) どちらにせよ、見なきゃいけない映画です。
大切な一本
  • ★★★★★
  • 投稿者:むらまつ 2009年07月31日

劇場で号泣し過ぎて、あの子大丈夫?という顔をされました。 憎たらしいけど大好きだった人を思い出して、かさぶた剥ぎ取られるような気分になっちゃうけど、大切な一本です。 あと、今うまくいってないカップルが観たら、つまんないことでケンカするのやめよう、ってなりますよ。 パッケージの写真は日本側がデートムービーっぽい仕様にしたようで、あまりイメージに合わない気がします。 氷の上で寝そべってる写真の方が個人的には断然好きだなあ。 最後にかかる、ベックの曲がグッときます。 もともとミシェル・ゴンドリー監督は好きでしたが、 この作品でさらに大好きになってしまい、フランス映画際で来日した時はトークショーまで行ってしまいました。 サイン欲しかった・・・
フューチャリスティックな魅力
  • ★★★★★
  • 投稿者:ぴーたん 2009年07月28日

この作品は、大切な友人から貸してもらい観ました。 BjorkなどのPVを手がける、大好きなミシェルゴンドリーの監督作なので、彼の映像世界に対する期待からはじまって観始めました。しかし…映像美にも益して、すれ違う心と(記憶)から生まれる「切なさ」が何よりも心に響いて残りました。 ケイトウィンスレットが、どことなくフューチャリスティックな姿で描かれ、現実感がなく、遠い存在に思えます。そんな彼女が自分にはなぜかとても魅力的に思えたのですが、、主人公の心模様とリンクするようで、自分まで切ない気持ちにさせられます。 キルスティンダンストなど、脇役も味のある演技をしていて、なかなか濃い作品だな〜と、観終わって大満足でした。ミシェルゴンドリーの才能を再発見できる作品だと思います!
好きな映画
  • ★★★★★
  • 投稿者:あつこ 2009年07月25日

昔経験したせつない恋を思い出します。音楽もいいです。
不思議な展開
  • ★★★★★
  • 投稿者:タノ 2009年07月22日

なぜこんな展開に(笑 ゴンドリーの頭の中はどうなってるんでしょうか。飛んでます。 飛んでいる展開の中でも、純粋な気持ちが感じ取れます。 ケイト・ウィンスレットの髪の色は、心模様を現しているよう。 ジムキャリーのキャラクターはどうも少し苦手だったんですが、ケイトとの共演がマッチしてて好きになれました。 純粋なだけに、恋愛における苦悩がひしひしと感じられる映画。 「マルコヴィッチの穴」と続けてどうぞ。
トータルで高い完成度
  • ★★★★★
  • 投稿者:ジェシーおじさん 2009年07月19日

俳優、映像、音楽、ストーリー... トータルで完成度が高く、魅せられる作品です。 とにかく色使いがキレイで音楽も印象的。 学生時代に通ったカフェバーでPVのように 流されているのがよく合っていました。 そんな風に何の意識もなく流しているだけでも 素敵な一本だと思います。
わからなかった人へ
  • ★★★★★
  • 投稿者:アレックス・デラージ 2009年07月19日

この映画は時間がぐちゃぐちゃでわかりにくいという意見を聞くのでヒントとしては、ケイトウィンスレットの髪の色に注目してください そうするとわかりやすいですよ
恋愛って、やっぱせつないなー
  • ★★★★★
  • 投稿者:アキ 2009年07月17日

人間って忘れていくことで前進出来るモノですが、 やっぱり忘れるってことは、何よりもさみしいし、せつない。 忘れたい恋愛はたくさんあるだろうけど、 それでも、その思い出たちといっしょに前進できる方が、 もっともっとステキな人生になるって考えさせられる作品☆ ジャケットの印象とストーリーがちょっと違うのが残念。 と思うのは私だけでしょうか。
チャーリー・カウフマンがもう!
  • ★★★★★
  • 投稿者:福ちゃん 2009年07月14日

なかなかにビターで好きな映画だけど、観てる回数は明らかに『ヒューマン・ネイチュア』のが上。ゴンドリー×カウフマンなら個人的にはコチラをオススメします。コメディじゃないジム・キャリーは悪くないし、恋愛ループは鈍く切なく甘やかで、心変わりや失せゆく輝きも見事に刻まれていてホントに秀逸なんだけど(Eternal Sunshine of Spotless Mind・・・umm・・・!)、でもなんでか『マルコヴィッチの穴』を観てしまうわけです。なもんで今秋ロードショーのカウフマン初監督作品『脳内ニューヨーク』も気になるわけです。大好きなフィリップ・シーモア・ホフマンも観れるみたいです。そうそう、サンシャイン映画なら『リトル・ミス・サンシャイン』も良かったです。ブサイクだけどミスコンで頑張るお嬢さんを中心にヤク中のおじいちゃんやらインテリのゲイ叔父さんらがドタバタするハートフルコメディです。そういえば同じ製作チームによる『サンシャイン・クリーニング』が先週末から公開してますよね、これも面白そう。誰か感想聞かせてください。ところで一体なんのレビューだったっけ?!
それぞれの恋のありかた
  • ★★★★★
  • 投稿者:みゆ 2009年07月13日

恋人と別れてその悲しみに立ち直れないでいる主人公。そして彼女との想い出全てを消そうとするんだけれどできない。 彼は本当に彼女との記憶を消すのか……
たまんない!
  • ★★★★★
  • 投稿者:may26aki 2009年07月12日

最高に大好きな映画です。何度も見たいです。恋愛って素敵だなって思わされますし、思い出って貴重なものだと痛感しました。

1~20件/全72件