00/00 SUN

今日のシネマ名言

希望は良いものだよ。 多分最高のものだ。 良いものは決して滅びない。

作品情報

ショーシャンクの空に

  • TOP
  • レビュー一覧

作品ページ DVD 作品ページ
座頭市

レビュー一覧 - 座頭市

平均点数4.2点平均点数4.2点

レビューを投稿する

1~20件/全30件

印象を変えてくれた映画
  • ★★★★★
  • 投稿者:かおり 2012年04月12日

この映画を見て、時代ものの映画も悪くないな、と、思うようになりました。勝新太郎の『座頭市』が見たいです。どこにも見つからなくて…。
爽快感が気持いい北野監督の座頭市
  • ★★★★★
  • 投稿者:ばんでぃ 2010年07月01日

よくありがちなウェットなところがなく、カラっと乾いた感じがとてもいいですね。殺陣もスピード感があって素晴らしい。ある意味ウェスタンにも近い感じがします。ラストシーンも含めて大好きな映画です。
[ネタバレ]楽しすぎる!
  • ★★★★★
  • 投稿者:iku 2004年12月02日

全くストーリーを知らずに観たのですが、ツボにハマった。クワや大工道具を使った音楽、そしてダンスシーンは爽快!!最後のセリフには、2つ意味があると思いました。まず、市は目はひらけても視力はない。そして、目が見えている人でも見えていないものはたくさんあるということ。意外にも浅野忠信の存在感があんまりなかった。他の出演者がキャラの濃い人が多いから、ちょうどいいのかもしれない。
評判通り!!!
  • ★★★★★
  • 投稿者:ツヨ 2004年11月28日

新感覚の時代劇! 殺陣も他に類を見ないスピード感! 最後のオチもビートたけしらしく良かったです。
うまい!
  • ★★★★★
  • 投稿者:vivi 2004年08月17日

良くある時代劇とは一線をおいた作品に仕上がっていた。テンポの良いストーリー展開。くどくなりがちなたちまわりのシーンなどを実にドライに描いている。明らかに世界を意識した映像で、ただの時代劇じゃないところは『上手い』の一言。強くて優しい武版座頭市は一見の価値アリ。
[ネタバレ]勝新とは違う!
  • ★★★★★
  • 投稿者:タカ 2004年06月25日

単なるリメイクではなく、独自の色を出した作品になっています。殺陣のシーンは本当に見事。時代劇にありがちな「えい!やぁ!」という感じではなく、スピーディーでリアル。最初の場面なんて、瞬きしてると何が起こったかわかりません。 目が見えているのに目をつぶって生きている、というのも凄い。そして最後のセリフ。久々に胸のすく映画です。
[ネタバレ]結局市は・・・
  • ★★★★★
  • 投稿者:スズメ 2004年05月26日

「目ン玉ひん剥いても、見えねぇもんは見えねぇんだけどな」ってのは「目が見えていても、見えないものだってある」ってことなんじゃないんですか。つまり目は見えるんですよね?この映画殺陣だけじゃなくてストーリーも好きです
[ネタバレ]目は見えてませんよ
  • ★★★★★
  • 投稿者:なっちゃん 2004年04月06日

最後に座頭市が、道端の石につまづいて 「本当は見えてないんだけどなぁ」と いうような台詞を言ってましたよ。
もはや敵無し
  • ★★★★★
  • 投稿者:ふれでぃ 2004年04月03日

たけしが凄いかっこよかった!戦闘シーンはやはり迫力あって見ごたえあります。まだ見て無い人は絶対見た方がいい!あとラストのタップダンスもいいですね。
最強!
  • ★★★★★
  • 投稿者:じぇっと 2004年03月21日

とにかく速い!強い!カッコいい!見た後に爽快な気分になれる映画だと思います。映画は公開日に見たしDVDも予約して買いました!ちょっとでも興味があれば手に取って見て損は無いと思います。
活劇の中の侍と男と女
  • ★★★★★
  • 投稿者:jade 2004年03月14日

この斬新な活劇の中にある人々や風景が映像と役者、音楽と効果音で完成しており、それが実に心地良い。時代劇のカタチを借りてはいるが、これは北野武によって創り上げられた完全世界。ビートたけしの劇中の表情から、本作での侍と男と女たちがすべて愛すべき存在として息づいていることへの快楽が伺え、小生もまたその快楽に感動した。
楽しかったー
  • ★★★★★
  • 投稿者:haseo 2004年02月08日

僕は今までの座頭市を全く観たことがない。この際、座頭市そのものへの評価はどうでもいい。北野監督は「座頭市」を作ろうとしたのではない。「映画」を作ろうとしたのだと思う。「その男、凶暴につき」以来、北野作品は観ていないが、他作品も観たくなった。
私事ですが…
  • ★★★★★
  • 投稿者:画門 2004年01月29日

(ランク嫌いなので星の数は参考にしないで頂きたい。) 映画館に見に行った時。 後ろの席の若者達がうるさくて本当に ヤバカッタ…(いろんな意味で) 単純に見ていただきたい。 市のカッコよさ。 殺陣のカッコよさ。 用心棒のカッコよさ。 殺陣は明らかに勝新太郎の方が上だと思うが、ビートにはたけしの良さがある。 単純に見ていただきたい。 彼の最強を、
[ネタバレ]平成座頭市
  • ★★★★☆
  • 投稿者:うっちぃ 2013年03月16日

これまでの座頭市のように、声や音の方に耳を傾け目をパチパチさせて周囲をうかがったり、キョロキョロするような視力がない人物の様子はまるでない。歩行時もせわしく杖を動かさない。昭和の砂利道でなく、平成の舗装道路を歩いているかのような市だ。この危機感のなさは、なるほどラストのネタバレでわかる感じ。殺陣シーンは緊迫感があってあなどれない。ストーリーも良く、悪人を見え隠れさせるところが良くできている。
テンポが良い
  • ★★★★☆
  • 投稿者:mrs.jones 2011年09月16日

シーンごとにリズム感を感じます。戦うシーンは特にスムーズでスマートで、斬れの勢いが伝わります。必ず的を外さぬ市の完璧な技は観ていて気持ちいい!ラストの下駄タップダンスは、ミュージカルかと思わせるほど最高の和エンターテイメント!たけし監督らしいカメラワークも面白いです。市に惚れた!
テンポがあって、いい。
  • ★★★★☆
  • 投稿者:you 2004年12月17日

テンポがあって、時代劇離れの世代にも楽しめる作品だったと思います。タップダンスも違和感なくて、楽しめました。たけしさんらしいちょっとしたギャグも見所ですね、、(^^♪。
[ネタバレ]いいねぇ
  • ★★★★☆
  • 投稿者:kappa 2004年09月19日

極力無駄を省いた、テンポのいい映画だった。だらだらとしがちな人物説明を、すばやい映像ですませ、その分私達が本当にみたいものを見せてくれる。岸部一徳、柄本明等、配役も気が利いている。本人が言っていたとおり、ちゃんとたけしが浅野忠信よりもかっこ良く見えた。これだけでも凄い!
[ネタバレ]本物のクリエーターとは?
  • ★★★★☆
  • 投稿者:ごま 2004年07月30日

日本映画、しかも時代劇。少し前の時代なら若者は見向きもしなかったのに・・・まっ、見れば納得してしまうのが、このリメイク作品の立派なところ。ストーリー展開の緻密さに加え、目を見張る鮮やかな殺陣シーン。そして、殺戮という重いシーンをコミカルな緩衝材を入れて次場面に繋いでいる。やるね! でも、今回のたけし作品には「人は所詮、孤独なものよ」的な悲哀が無かった。 似非っぽいCGの血飛沫といい、何とか軽快にサクッと受け入れてもらいたいという、視聴者感情をやんわり包みこむような「優しさ」があったのかもしれない。 視聴者の感情トレンドの矛先を多少なりとも変えていけるのが本物のクリエーターと信じているから、良い方向に引っ張っていって下さるよう期待します。っていうか、見えないモノに値づけができるような価値観を変換しいく作業に一役かってもらいたい。
面白かったですよ。
  • ★★★★☆
  • 投稿者:おいら 2004年06月01日

期待どおりの作品でした。特に最後のタップダンス良かったですよね。
[ネタバレ]たけし版座頭市なかなかカッコイイ
  • ★★★★☆
  • 投稿者:あおちゃん 2004年05月10日

殺陣がスピーディーで解りやすい。やはり、殺陣はこうでなくっちゃっていうスピードと撮り方の上手さがあると思います。キルビルの殺陣とは一味も二味も違います。特に浅野忠信との戦いは上手くできているなぁと思いました。最後に市が石につまづいて、一言「いくら目ぇひんむいても見えねえんだけどな・・・」と言っているように、目は見えていないんですよ。そうじゃなきゃ、座頭市じゃないでしょ。

1~20件/全30件