荒ぶる季節の男どもよ。

00/00 SUN

今日のシネマ名言

希望は良いものだよ。 多分最高のものだ。 良いものは決して滅びない。

作品情報

ショーシャンクの空に

  • TOP
  • レビュー一覧

作品ページ DVD 作品ページ
サンキュー、ボーイズ

レビュー一覧 - サンキュー、ボーイズ

平均点数4.6点平均点数4.6点

レビューを投稿する

1~14件/全14件

子どもにとっては?
  • ★★★★★
  • 投稿者:ようこ 2005年08月08日

自分の生活そのまんま。主人公はさらに目標を高く持ちがむしゃらに生きている。もう一度見てまとめたいが、幼児期に余裕のない母に育てられたら、子どもにはどんなもんでしょう?父は母に不足してるものを補った? ちなみに、我が息子も同じことを言ってる。「ママに何かあたら・・」。私も出してやる。 ラストは納得です。所詮、親だけですよ。 アダム・ガルシアがカワイイ。全部の作品を見ました。息子とかさなっているかも
いろんなことが
  • ★★★★★
  • 投稿者:mon 2005年05月07日

いっぱい詰まった映画だった。あんまりに感動したから原作本も買った。こんな逆転人生もあるんだと勇気がでる。もちろん並大抵ではない努力が必要だけど。そして、親子の関係もよく分かる。子供だった自分が親になって初めて親の気持ちが分かるってこと。ほんと、女の人生だな。それもすごいサクセスストーリー!
皆にすすめたい!
  • ★★★★★
  • 投稿者:レニー 2004年09月06日

感動して涙か出た!ドリューの素直すぎるぐらいの演技力にとても引かれ共感しました。どんなことがあっても人生は素晴らしい。必ず周りの誰かがいて、支えてくれている。そんな気持ちにさせてくれる作品です。時間をおいてもう一度観たときはもっと感情移入して泣いてしまった。2回目はまた違った感動が…そんな映画です。
境界なし
  • ★★★★★
  • 投稿者:ss 2004年05月21日

親子愛ほど普遍的なものはない。そしてそれは、時代も国境も関係なく存在する。最初は軽い気持ちで見ていたのに、最後には声を上げて泣いていた。実話を基にしているということでさらに興味が湧き、本まで買ってしまった。
タイトルがいい!
  • ★★★★★
  • 投稿者:komamai 2004年05月06日

10代で結婚、出産。やはり一筋縄にはいきませんね・・・そのせいで、この主人公は人生プランが変わってしまったけど、息子のために頑張れた!そしてこのタイトル。『サンキュー、ボーイズ』いいですね♪
ドリューがいい
  • ★★★★★
  • 投稿者:hilary 2004年01月29日

これ見てドリューのファンになりましたぁ〜心に残るいい映画です!! 最後はホロリと涙が… おすすめです
よかったよ〜
  • ★★★★★
  • 投稿者:チク 2003年04月04日

ドリュー・バリモアのかわい娘ぶってない演技がよかった。これでドリュー・バリモアがさらに好きになった。話もなごめて好きだな。
[ネタバレ]女強し!!
  • ★★★★★
  • 投稿者:ozu 2003年03月22日

ドリューバリモア演じるママの様に十代で結婚、妊娠、出産をしている方には、とても共感できると思うし、そうでない方でも特に”夢をあきらめずに思いを現実にした”というところに感動できる作品だと思います。見終わったあとは切なさもありますがいっぱいパワーをもらった気がします。
母は強し?母は知的!
  • ★★★★★
  • 投稿者:はまぴよ 2002年09月30日

ドリューバリモア目的で見たけど、ほかの役者もGOOD!!!世知辛い世の中だけど、この中には本当の意味で悪い人はでてこないし、みんながヒロインを頑張れ〜って応援しているみたいで感動した!!! 泣けること確実!!!
[ネタバレ]感動した!!
  • ★★★★★
  • 投稿者:ローズ 2002年09月10日

この映画の主人公ビバリーはすごく強くて頭がよくて、たくましい女性だとおもいます。15歳で妊娠して結婚して、でも自分の夢は諦めない!しかもその夢が叶って本まで出せた!この人は毎日を力いっぱい生きているすばらしい人だと思いました。
[ネタバレ]う〜〜ん
  • ★★★★☆
  • 投稿者:emiemi 2003年03月16日

Dバリモアが主演だったので見ました。過去と現在がまぜまぜで、わかりずらかったけど、最後は感動したかな(TーT)
[ネタバレ]I need help
  • ★★★★☆
  • 投稿者:mar 2002年11月02日

裕福じゃないながらもしっかりとした家庭に育ち頭もよい少女が妊娠・結婚と共に転落人生を辿っているようにも思えるけど、そんな中でも夢を捨てない強さを持ちつづける事の大切さとか本当に頼れるべき存在、本当に辛いときに「I need help」と言える相手は誰であるかということ主人公が沢山の人との出逢いや別れ、苦難を通じて気付く一瞬を捉えている気がする。単なる転落→成功のサクセスストーリーなのかと思って観たけどそうじゃなかった。いい意味で裏切られた感じで見終わったときは心地よい感動がありました
「ビッグ」や「レナード・・」を期待してはいけない。
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:tt 2005年02月23日

ペニー・マーシャルらしく破綻のない映画つくりで役者も達者揃い。60年代アメリカを舞台にした前半のコメディータッチも安心して楽しめる。あとは物語自体への好みで評価が分かれるのだろうが、どうしても共感もできない。主人公は無神経な自己実現夢想型のセルフィッシュ女にしか見えず、ガサツで過剰な自信をポジティブさ・明るさ・強さと理解するのはアメリカ人の常ながら鼻に付く。DVD収録の原作者本人は良くも悪くも正に映画から想像されるイメージ通り。ペニー・マーシャル作品の特徴である登場人物への優しさは本作では主人公だけへの甘さに置き換わり、それが特有の心地よさを奪っている。制作過程で相当口を出したであろう実話原作者への遠慮かそれとも同性であるからか。後者だとすればそれが女性監督としての限界であり、前者ならば作品への愛情の不足だ。以前「プリティー・リーグ」でも同じような違和感を覚えたが女性を描くのが苦手なのかもしれない。好きだった監督だけに残念。
息子が…
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:なおちゃん 2002年10月24日

息子が大きすぎて、ドリューバリモアが化粧濃すぎて話が前後してて、最初30分、分かりにくいけど、最後はかっこいいママだ…

1~14件/全14件