100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 「ライオン・キング」12月4日(水)レンタル開始
00/00 SUN

今日のシネマ名言

希望は良いものだよ。 多分最高のものだ。 良いものは決して滅びない。

作品情報

ショーシャンクの空に

  • TOP
  • レビュー一覧

作品ページ DVD 作品ページ
狼よさらば

レビュー一覧 - 狼よさらば

平均点数3.6点平均点数3.6点

レビューを投稿する

1~7件/全7件

マンダム
  • ★★★★★
  • 投稿者:マンダム 2011年02月05日

うーん、「マンダム」ですね!
[ネタバレ]ビジランティズム イン アメリカ
  • ★★★★☆
  • 投稿者:ゴロウ 2012年01月16日

Death Wishシリーズのイメージから、単なる復讐譚かと思いきや・・・。アメリカにおける自警主義を問う骨太なテーマに貫かれた意外と硬派な内容でした。ラストシーン、ポール・カージーの不敵な笑み、今後の処刑人としての活躍(?)を予感させる締めくくりでした。
必殺仕事人!
  • ★★★★☆
  • 投稿者:ケンジ 2011年08月20日

妻子の復讐のために悪人をやっつけるチャールズ・ブロンソンがカッコよ過ぎ!
狼よさらば
  • ★★★★☆
  • 投稿者:映画坊や 2011年07月22日

チャールス゛フ゛ロンソンの復讐の銃口が火を吐く。
なかなか
  • ★★★★☆
  • 投稿者:コルレオーネ 2011年07月18日

面白い
復讐と死刑執行人の境界線
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:たま 2011年09月20日

もし自分の家族が何者かに殺されたら、怒りの矛先はまずそれに関係した当事者であるはずだ、と思う。 ところがポール・カージーはろくに犯人探しもせずに、いきなり死刑執行人となってチンピラ狩りを始める。 このへんがどうもしっくりこない。 あのタクシードライバーのトラビスは、社会の腐敗に怒りを覚え、復讐すべき対象を見つけ出してから行動に及んだが、ポール・カージーは、対象がはっきりしているにも係わらず、それとは別の方向に矛先を向けるのである。 ただ、この二人に共通しているのは、いずれも死刑執行人であり、英雄であることだ。 アメリカはつくづく病んでるな、と感じた一本。
目には目を?
  • ★☆☆☆☆
  • 投稿者:たかちゃん 2010年11月22日

主人公の怒りは誰にもわかるのですが、個人的には好きになれない作品です。一緒にガンジーを見て頂くとバランスがとれると思います。これがエスカレートしていくと、最期には戦争にまで至りそうで嫌になります。このころウォーキング・トールなんて作品もありましたが、どちらも続編が山のように作られたので、観客動員力はあったのでしょうね。

1~7件/全7件