00/00 SUN

今日のシネマ名言

希望は良いものだよ。 多分最高のものだ。 良いものは決して滅びない。

作品情報

ショーシャンクの空に

  • TOP
  • レビュー一覧

作品ページ DVD 作品ページ
ファニーとアレクサンデル

レビュー一覧 - ファニーとアレクサンデル

平均点数5.0点平均点数5.0点

レビューを投稿する

1~2件/全2件

ファニーとアレクサンデル
  • ★★★★★
  • 投稿者:かおり 2012年04月24日

イングマルベルイマン監督の映画を初めて見たのは、こちらの作品でした。初めて見たのがこの映画で、とても光栄な事だと思えるくらい、イングマルベルイマン監督の才能に、惚れるきっかけとなりました。その後、「野いちご」、を、見て、確信しました。やっぱり、この監督の才能は、凄かったです。 見るには、とても膨大な集中力を要します。なんといっても、長時間で、厚みがあります。まるで、辞典の厚さもある小説を、読んだ後のような、そんな気分。それを越えた先にある、映画の結末を迎えれば、大きな感動が待っています。体を突き抜けていく、風に、じわじわとつま先から染みてくる、心地良い、痺れ。すごい感動です。
豊かなもの
  • ★★★★★
  • 投稿者:ミエコ 2003年12月10日

長い。けど、ジャンルを限定しない映画ファンなら、一度は見るべき。鑑賞方法→我慢して「野いちご」「処女の泉」等々・・・省略、から「ある結婚の風景」くらいまで、ベルイマンの映画を4〜5本はこなして最後しめくくりにこの映画を観る。→「自分の中の恐怖に向かい克服すること(で現在の自分がある。)」とHカイテルが言ってたけど、ベルイマンという人間が自分の中のトラウマを超えようとして・超えた・結果がこの映画です。ただ、映像美楽しむだけでも(CGの「美」が限界のあるものだということが分かる)価値あり。なおかつ、人間悲喜こもごもの劇で、笑える。

1~2件/全2件