00/00 SUN

今日のシネマ名言

希望は良いものだよ。 多分最高のものだ。 良いものは決して滅びない。

作品情報

ショーシャンクの空に

  • TOP
  • レビュー一覧

作品ページ DVD 作品ページ
西部戦線異状なし 完全オリジナル版

レビュー一覧 - 西部戦線異状なし 完全オリジナル版

平均点数5.0点平均点数5.0点

レビューを投稿する

1~1件/全1件

[ネタバレ]「forgive me …」
  • ★★★★★
  • 投稿者:マツガエ 2002年12月24日

 終わり近くでしょうか、再会もそこそこに敵機の襲来を受ける二人の場面。ポールは、負傷したカチンスキーを抱え救護所まで運ぶのですが、着いてはじめて、彼が既に絶えていた事実を認めます。私は、その重なる二人の姿に、食用豚を調達するカチンスキーの姿を二重写しに見ます。と言うのも、人のために調達される豚と国のために徴兵される人間とに共通する、無個性と扱われる命の軽さを見、あっけない彼の死を肥育豚のそれにダブらせた皮肉と、私は受け取るからです。そして前の場との関連を見ます。前場とは、休暇で帰還したポールが、懐かしい教室に、変わらず生徒を煽動する恩師を見る所。先生に請われた彼は教壇に立ち、現状を学生らに聴かせますが、その否定的な内容に、臆病者となじられてしまいます。「現状が伝わってないんですね…」 ポールのこの一言は、実際に戦地を経験した現在の彼が、学徒らに自分の昔を思いだし、その間にある認識の大きな溝に、虚脱したものと思います。豚のように無個性なあっけない死が英雄的な行為だろうかと。戦争の悲惨さや空しさが、体験しないと真に理解されないなら、これほど恐ろしいことはないと、やるせない気持ちになった…。

1~1件/全1件