00/00 SUN

今日のシネマ名言

希望は良いものだよ。 多分最高のものだ。 良いものは決して滅びない。

作品情報

ショーシャンクの空に

  • TOP
  • レビュー一覧

作品ページ DVD 作品ページ
ザ・フライ

レビュー一覧 - ザ・フライ

平均点数4.6点平均点数4.6点

レビューを投稿する

1~8件/全8件

[ネタバレ]FUSION
  • ★★★★★
  • 投稿者:たま 2014年09月21日

ショッキングな表現が多い作品だが、自分が1番衝撃的だったのはコンピュータのディスプレイに映し出された“FUSION”の文字。単なる古典ホラーのリメイクが、テクノロジーによる悲劇という現代的なストーリーとして歩き出した瞬間だった。それは、“愛”をプログラムすると豪語していた男への“機械”が下した冷徹な回答だったのかもしれない。その無機質感が何より怖かった。
クローネンバーグファンの私としては
  • ★★★★★
  • 投稿者:サム・ミイラ 2011年05月26日

やはりベスト3に入る作品だと思う。公開当日真っ先に映画館に行った事を覚えている。 「異形の悲しみ」を追求する監督の真骨頂とも言える今作は、実に悲しく切ない物語である。特にラストは忘れ難い名場面。ホラーの中に悲しさを感じさせられるのは、おそらく彼とサム・ライミだけだろう。 余談だか、公開当時のポスターのキャッチコピーは「怖がってください、とてもとても怖がってください」だったと思う。シンプルだか実に的確で秀逸だったと思う。
クローネンバーグ登場
  • ★★★★★
  • 投稿者:ロメオス 2010年02月23日

Blu-rayにフライが登場。クローネンバーグのメジャー出世作として有名だが、名作ホラー映画のリメイクブームの先駆者、また哀しきホラー映画としても評価できる。 DVDで発売された最強バージョンを一枚にパッケージして、さらに日本語吹き替え音声を5・1チャンネル化して進化した究極バージョンになった。 画質は昔のまま粗い感じだが、音質は文句なし。 クローネンバーグ入門編として最適の一作。 凄惨な描写と哀しき愛に涙せよ。
鬼才クローネンバーグ
  • ★★★★★
  • 投稿者:jade 2003年12月29日

改めて80年代ホラーの傑作だと感じる。後半になるにつれてスプラッター要素が強まるが、その背景にある、ハエと遺伝子融合してしまったという事実の戦慄さの方が恐ろしい。J・ゴールドブラムが非常に巧く、クリーチャーもまた非常に切ない。監督はじめ製作陣の才能に脱帽。
ぐろい
  • ★★★★★
  • 投稿者:md 2001年11月18日

これはやばい
親近感あり
  • ★★★★★
  • 投稿者:take 2000年08月12日

年々醜くなっている私としては、親近感あり、人ごととは思えません・・・。
SFホラーの傑作
  • ★★★★☆
  • 投稿者:kasa 2019年05月15日

この作品の原作は、ジョルジュ・ランジュランの「蝿」である。 セスという科学者が自分を実験台にしたこから突然変異をするという怖いというよりかは気持ちの悪いグロステスクな表現をしている作品といえるだろう。
[ネタバレ]でも何だか切ない
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:R2 2000年05月11日

何だか良くも悪くも印象に残る。人がどんどんハエになっていく様のグロイこと!それでも必死に恋人に助けを求めるのだが…ウォー!

1~8件/全8件