100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! アラジン10月9日(水)RENTAL
00/00 SUN

今日のシネマ名言

希望は良いものだよ。 多分最高のものだ。 良いものは決して滅びない。

作品情報

ショーシャンクの空に

  • TOP
  • レビュー一覧

作品ページ DVD 作品ページ
とまどい

レビュー一覧 - とまどい

平均点数4.0点平均点数4.0点

レビューを投稿する

1~2件/全2件

[ネタバレ]「人は愛を求めるが、愛に出会うと抑えてしまう。」
  • ★★★★★
  • 投稿者:Cafe Europa 2002年04月29日

「アルノー(セロー)の言葉」繊細な心理表現と巧みな人物背景描写が魅力。「愛を弾く女」のベアールを再び主演に起用。上記の俳優以外で、フランス映画ファンとして等閑にできないのが、シャルル・ベルリング(「リディキュール」、「ドライ・クリーニング」)、ジャン・ピエール・ロリ(「赤の愛」、「溺れゆく女」、「趣味の問題」)、ミシェール・ラロック(「ぼくのバラ色の人生」)の3人。彼らはここでは、まだ所謂脇役という存在。私は3人とも注目しているので、尚更本作に対する思い入れは強い。この「とまどい」というクラシカルな邦題が大人のロマンスをより一層魅き立てる。ヴァンサン(アングラード)「僕と暮らす気は?」ネリー「ないわ、今で満足なの」交互に「独り芝居か」、「今は嫌なの、これが本心、奪われた時間(とき)を会うことで埋めたいの」、「誰が奪った?まだご主人を愛してるね?」、「私は他人と暮らすには・・・、あなたはどうなの?」、「僕も向いてないか?」、「謝るわ」、「自分を変える気がない」、「このままで付き合いましょ」、「イヤだ、僕も率直に言う、もう別れよう」、「出ましょう、歩きましょ」、「いや、行けよ、いいから」
DVDちゃんとつくってほしかった
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:nobanana 2001年10月29日

いい作品でした。ベアールが出ている→◎、フランス映画的ないい作品→◎。でも、DVD(の作り)はちょっといただけない。頭だしするといきなりラストシーンまで飛んでしまうのが残念。でも、静かな日常に、入りこんでくる恋愛のうつろい・・・のような微妙なものが好きな人にはおすすめできます。

1~2件/全2件