100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 100万ポイント山分け!おうちで映画キャンペーン! 「ライオン・キング」12月4日(水)レンタル開始
00/00 SUN

今日のシネマ名言

希望は良いものだよ。 多分最高のものだ。 良いものは決して滅びない。

作品情報

ショーシャンクの空に

  • TOP
  • レビュー一覧

作品ページ DVD 作品ページ
クライング・ゲーム

レビュー一覧 - クライング・ゲーム

平均点数4.3点平均点数4.3点

レビューを投稿する

1~19件/全19件

"イギリス・サスペンス映画の伝統復活”
  • ★★★★★
  • 投稿者:cebu 2012年06月13日

本作を観て是非"ira" 問題に興味を持って欲しい!テロリストの心情を活写!
最高
  • ★★★★★
  • 投稿者:つーたや 2012年03月11日

最高な作品でした。
面白い!
  • ★★★★★
  • 投稿者:大人アレルキ゛ー 2012年02月29日

拘束されてるウィテカー、夢に出て来るウィテカー、何故か笑っちゃうね。
恋愛について
  • ★★★★★
  • 投稿者:マアチャン 2011年10月19日

語れるほど奥深さを知り尽くしてないけれど 純粋に美しいって思わせてくれるひとを好きになる人の考えに感情移入できました。 いい映画をありがとうございます
[ネタバレ]この作品を1度観た感想。
  • ★★★★★
  • 投稿者:くま 2011年05月02日

少し感じは違うけど「フ゜リシラ」と同じ精神を感じました。 ふざけた作品ではなく、真面目に同性愛(性同一性障害?)について考えさせられます。 特に、バブル期以前は悪ノリや好奇な目で取り上げられがちだった様に思え、悲しかったです。最近の日本では、かなり市民権を得た様に思えますが、古い方から見たら…。 悩みを抱える当人としては、深刻で、悲しいかな死を選ぶ方もいらっしゃり、個々で手厚いケアが必要な事だと思います。 「今の時代になったから」かなりわかって貰える作品かもしれません。 今のタイミンク゛での「100人の映画通」イチオシの価値はあると思います!!
脚本のすばらしさ。
  • ★★★★★
  • 投稿者:チビッコ 2011年05月02日

この映画を教えてくれたTSUTAYAさんに感謝。とにかく脚本と演出が最高です。自信を持っておすすめします。
2006年アカデミー主演男優
  • ★★★★★
  • 投稿者:りんかいじ 2011年04月30日

フォレスト・ウィテカーの10年以上前の演技をみるのは、とても興味深い。鑑賞後考える価値があり、味わいのある音楽も心に残る。
好き
  • ★★★★★
  • 投稿者:きょう 2008年06月13日

役者も音楽も、映像の色合いも好き。 良い映画です。
一貫した匂いが好き
  • ★★★★★
  • 投稿者:スロウハンド 2002年09月09日

この映画の一貫した匂いが好き。ストーリーも本当に面白い。台詞もいい。  
独特
  • ★★★★★
  • 投稿者:take 2000年08月08日

英国の作品らしい作品です。スーっと引き込まれるようなストーリー。知らず知らずのうちに「自分ならどうする」みたいな不思議な問い掛けが湧き上がります。
性とは一体
  • ★★★★★
  • 投稿者:BC1 2000年04月24日

河を渡りたがっている蠍が蛙に云った。「向こう岸まで運んでくれないか」。蛙は云う。「嫌だよ。おまえは僕を刺すだろう。」蠍は「刺すわけないじゃないか。刺したら君も僕も溺れてしまう」。納得した蛙は蠍を背に乗せ河を渡り始める。河の中間で蛙は背中に刺すような痛みを感じる。蛙、「刺さないといったじゃないか。君も溺れるぞ」。蠍は云う。「しょうがない。これが僕の性なのだ」。この映画はこの童話の話がそのまま映画になったようなもの。最初と最後が見事に繋がっている。結局人は性から逃れられないのか。
奇妙な友情と恋心
  • ★★★★☆
  • 投稿者:HEATHER 2011年07月30日

サスペンスやラブストーリーというだけでは語りつくせない深い作品。 いかにもなイケメン主役級俳優を出さずに作った感じがまた味わい深い。
[ネタバレ]No Questions Asked/Qualquer Coisa
  • ★★★★☆
  • 投稿者:Cafe Europa 2004年02月21日

久しぶりに観るけれど、今回は結構素直にストーリーと人間関係が理解できている。「トーク・トゥ・ハー」のあとなので、そう感じるのかもしれないけれど、オープニングが印象的で、記憶にある作品。背景に、遊園地の映像、バックに「When A Man Loves A Woman」が流れる。ストーリー的には、「キャル」とか「父の祈りを」の流れを受ける、IRAを題材にこの作品は基本はラヴストーリーになっている。主人公スティーヴン・レイ、ミランダ・リチャードソン、ジェイ・デヴィッドソンらによる緊張感のある表現が効果的。ストーリーは、とてもはっきり覚えてる場面もあったり、改めて面白いと発見の部分もあったり。場面的に今回、オシャレで、お気に入りになっている、“メトロ”というバーのシーンの、デヴィッドソンとレイの会話で、そのふたりの会話を中継するキャラがいるのだけれど、そのシーンは印象的。また物語のクライマックス的な場面、デヴィッドソンが髪を切るシーンはこの作品の象徴として、切なくも感動的に表現されている。
ラストにビックリ。
  • ★★★★☆
  • 投稿者:ひなこ 2003年04月10日

前編はアクション、後編はラブストーリーって感じかな。ラストのあの真実には驚くこと間違いなし。
何か、感じる
  • ★★★★☆
  • 投稿者:みどり 2002年02月14日

映像が恐かった。切なく、いい話ですが家族で見るような映画ではないかもしれません。
IRAへの映画的アプローチ
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:ベル 2011年07月14日

IRAモノ。 『父の祈りを』(で合ってる?)、『麦の穂を揺らす風』がシリアスなら、IRA問題をエンタメに昇華した作品 対立、和解。しかし再び対立・・・という普遍的で映画的なストーリーをなかなかうまく作り上げている。 多くの人が言うように、ジェンダー問題を絡ませたのが本作の強みだろう ただ、凄みが足りない。
[ネタバレ]怖くてサソリなんかおんぶしない
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:きゃる 2011年05月07日

ヒトのよすぎるカエルの話でした。サソリの行動が「性(さが)」ならば、カエルは多少なりともリスクをかかえて、「愛」を全うする…、深い脚本です。 こういう作品が高く評価されるのには、「同性愛者」ではないが「同性愛を理解できる人間」が結構いる、ということを証明しているのではないでしょうか。 登場人物を美化する必要のない文学的な脚本が「売り」の作品ですが、小説より映画作品を好む私には、もうすこしキャラに見た目の魅力を、と思った作品です。
よかった
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:アキヒロ 2011年04月28日

思ってたのと違ってたがなかなか面白かった。
疑問。
  • ★★☆☆☆
  • 投稿者:fonky0229 2011年05月25日

評価が高いので余計な情報は入れずに観てみたけど、心の波動なきまま終幕。 一部では「ラストのどんでん返し」が見事であるとも言われてるけど、どこが?という感じ。 独特の世界観、映像美が存在していることは確かながらこの同性愛描写にはついていけなかった・・・。フォレスト・ウィテカーは名優だが脇を固める役者にいまいち華がなく感情移入も出来ないんだな・・・。

1~19件/全19件