00/00 SUN

今日のシネマ名言

希望は良いものだよ。 多分最高のものだ。 良いものは決して滅びない。

作品情報

ショーシャンクの空に

  • TOP
  • レビュー一覧

作品ページ DVD 作品ページ
ナバロンの要塞

レビュー一覧 - ナバロンの要塞

平均点数4.3点平均点数4.3点

レビューを投稿する

1~3件/全3件

[ネタバレ]「私はキプロスの漁師ですぅ〜。」
  • ★★★★★
  • 投稿者:マツガエ 2002年11月27日

 知らない人に従って知らない人を殺すのが軍隊。本編に「汚い仕事の責任を負うのは、命令する者か、実行する者か…」というセリフがあります。所在はともかく、責任を果たす困難は、人の生を左右するものになると辛いものがあります。この映画の登場人物は各々その責任に苦悩する姿が描写されています。ケロス島に残した英軍兵に対する国や軍の責任、それを担う上官。しかし作戦を企図した上官は、実行した部下を多く死傷させた負い目から彼らを失敗のカドで追及できずにいた。己の責任回避策として無理な作戦をペック演じるマロリーに命じる。彼は重傷の旧友やスパイの処遇に苦渋し、人間性と責任とに揺れ、時に仲間から功利的と難じられ、苦悶する。そして、責任を嫌い昇進を拒むミラー伍長。バルセロナの殺し屋ブラウンの自責がもたらすカシャク。アンドレア大佐とマロリー大尉、二人の葛藤と責任観。とくにレジスタンスの一味として捕まったアンナが、仲間を信じられなかった、苦痛に耐えられなかった、と切々に内心を吐露する所は、自分の責務に追われ他に手が回らない人間への不信という実在感を感じました。関係間の責任を焦点に、人間を活写した点が面白い作品です。
私が生まれた年くらいに
  • ★★★★☆
  • 投稿者:サム・ミイラ 2011年03月19日

出来た作品。子供の時分からテレビで観てたので、うっすら記憶にあったけれど、こんなに面白い映画だったことに驚いています。 A・マクリーンの作品はそういうのが多いようです。とにかく主役の三人が見所。「荒鷲の要塞」も是非!
コンピュター
  • ★★★★☆
  • 投稿者:Takayan 2003年01月09日

コンピュターグラフィックスを使わずにこんなに迫力が出せるなんてすばらしいです。

1~3件/全3件